>イチオシ情報>周りに迷惑をかけたくないなら!四国遍路にタクシーを使用してみよう

周りに迷惑をかけたくないなら!四国遍路にタクシーを使用してみよう

男女

四国遍路は四国四県に点在する、弘法大師ゆかりの八十八ヶ所の霊場を巡る旅です。四国の美しい海と山の風景の中、「お接待」と呼ばれる、地元の方達とのふれあいに接しながらの旅は、人生において大変貴重なものになるものです。その行程は全長約1,400kmにも及び、八十八か所を全て巡るのは体力と精神力が必要とされるため、修行の旅とも言われています。では、足腰が弱くなった方や、体力に不安があるという方は四国遍路が出来ないかというととそうではありません。八十八か所を巡る方法として野山や海沿いの遍路道を歩いて行く「歩き遍路」が一般的なイメージとしてありますが、そのような歩き遍路は実際にはごく少数しかいません。マイカーやタクシーで巡る「車遍路」や遍路専用の「ツアーバス遍路」など、あらゆる交通手段を用いても良く、巡るスタイルは人それぞれで構わないものなのです。中でも人気なのが貸し切りタクシーを使った遍路です。マイカーだと地理や交通事情、あるいは運転の不安があり、ツアーバスだと自分のペースで行動出来ません。その点、貸し切りタクシーならそういった不安や行動の不自由さもなく、費用が抑えられる利点もあります。

四国八十八か所の霊場を一気に巡る事を「通し打ち」と呼びますが、歩き遍路なら約40日の日数が目安。1日に宿泊費や食費、雑費などで使う費用は1万円とすると約40~50万円が必要とされています。これがタクシー遍路なら約10日と時間が短縮出来て、総費用は1日の費用に貸し切りタクシーの利用料金を足しても安くなる計算になります。利用する人数が増えればさらに安くなります。貸し切りタクシーなら駐車場に止めるツアーバスなどと違って寺院の門前まで行って降ろしてもらえるため、歩く距離が遥かに少なくなるので足腰の悪い方でも参拝が可能です。集合時間や時間制限などはないので、自分の都合に合わせられ、自分のペースで参拝出来ます。途中に行きたい観光名所や飲食店ががあったら立ち寄るのは自由であり、行動範囲は他の移動手段と比べてはるかに広くなります。貸し切りタクシーのドライバーは先達の資格を持っていたりするので、四国遍路や寺院の歴史と知識に詳しく、観光ガイド的な役割も担ってくれます。足腰が弱いから、あるいは高齢だから体力に不安がと諦めずに、自由度の高い交通手段を利用して、是非とも素晴らしい四国遍路を体験してみましょう。

日本